今の仕事を始めて、いつも思うこと… い

今の仕事を始めて、いつも思うこと…
いろんなメーカーの商品を取り扱っているので、頼まれればどの商品でも仕入れる努力はしてる。
仕入れ先の関係で、たいがいは入手出来るので。
そのおかげで、いろんなモノを知っている、知る機会があり、恵まれていると思う。
それはとてもありがたいこと。
仕入れ先の関係上、得意メーカーがあったり、ひとつのメーカーオンリーの会社はいくらでもある中で、同じ商品でもいろんなメーカーのことを知るってことは、とっても大事だと思う。
比較検討するときの強みでもあるし。
この間、うちで買ってもらうはずだった商品がキャンセルになった。
理由は、これから買おうとしている同じ商品が、大型家電店で特価で出ていたから。
はい、そうですか。えぇ、結構ですよ。同じモノですから。
でも、そのあとが、問題。の内覧に行ってきました。http://www.rokubou.co.jp/area/ota/eclair_senzoku.html



品物は同じ。
ただ、メンテナンスはどうするんですか?
大型家電店でもメンテナンスはしてくれるでしょう。
でも、他の商品をうちで買ってもらってる以上、その一つの商品だけを別のところで買ったという記憶は、そのお客さんから消えるんです。
ほとんど…ね。
「器具を買う」と言う意味合いを顧客はあまり理解していないのかな?
確かに、「器具を買う」と言うことは、誰に説明してもらっても同じ。
同じ「器具を買った」んだから、どこにメンテナンスしてもらっても同じ。
そう思うんだろうなぁ…
器具を安く買えるというメリットの裏側には、後々のことは含まれない。
そう、不具合が起こったとき、器具が悪いのか、接続が悪いのか、使い手が悪いのか、誰も判断出来ない。
結局、連絡を取り合っているうちのような会社が、面倒を見ないといけないわけで。
なんかヘン。
買ったところに相談する人の少なさにも驚くけど。
なんで?
わからない、わからない…
「クレームから売り上げが伸びる」とよく言うけれど、これは違うと思う。
うちには当てはまらない。
うちで買った商品なら、いくらでもフォローしてあげれるけど、違うところで買ったり工事したりしたモノに対しては、何もわからないし、どうしようもないのに…
こんなこという会社、ダメですか?

Comments are closed.