|そんなわけでガガさまの来日公演。

そんなわけでガガさまの来日公演。
去年震災復興でいっぱい来日してくれた部分もあり、日本全域に浸透したガガさまだが、そのステージは同じ女性ミュージシャンの先達であるマドンナとは違いますな。

大きな3層建ての城に馬に乗って登場したり、大きな妊婦のバブーンの子宮から飛び出したり、バイクに寝そべったり、4 letter wordsを連呼したり(アメリカじゃどうすんだろ?)とエキサイティングなステージだが、その一方で音楽的にはしっかりしていてどこまでも通る声だし、一部キーボードの弾き語りも披露してくれる。カリブ海クルーズの料金はいくらぐらいするのですか?

どこまでも過剰、過激であり、セットも含めゴシックな雰囲気であり、
その一方でどこかLady Gagaというキャラクターを演じているように見える。
と言うと昔のジギー・スターダスト時代のディヴィッド・ボウイが重なって見えてくる。
そういえばガガさまはボウイやクイーンなどのグラム・ロックの影響を受けているわけだから、そのゴシックなステージの有り様は納得できる。
(そもそもがその名の由来はクイーンの曲名だしね)
その意味では結構ガガさまお気に入りですわ。

Comments are closed.