オペークのワンピース

カラーコーンと言わずにパイロンと言った方がわかりやすいかもしれませんが、
工事現場の外側にある、三角のアレです。

今日たまたま新習志野方面のバスに乗ることになり、
七中(習志野第七中学校)の裏あたりで、幼稚園だか保育園の運動場に
遊具とそれ以外の仕切りなのか何なのかよく覚えてはいませんが、
とにかく運動場にカラーコーン(とコーンバー)が設置されていました。

本当に一瞬のことで状況がよくわかってないので間違っているかもしれませんが、
あれは教育上よくないと思います。

つまり、園児たちにとって、
カラーコーンでの仕切りは、赤信号同様「危険、近づいてはいけないもの」と教えるべきだと思うんです。
工事中ならともかく、園庭に置くなんてもってのほか。

よく、ウェブで「怪しいサイトには近づかない」などと言います。
昨日も、
危険なWebサイトのホスティング率が最も高い国別ドメインは「.hk」(ITPro)なんて記事が出ていました。オペークのワンピース
これはつまり、用がないのであれば .hk のドメインのサイトには近づかない方がよい(可能性が高い)ということです。

これは上記カラーコーンとまったく同じことですが、責任の所在が違います。
後者は大人の本人の自己責任。
前者幼稚園の話は、教育者や保護者である本人以外の大人の責任です。

ちょっと気になったので書いてみました。

==
あの場所を通る2度目がないと思いたい。
遅刻でバスに乗ったから。

Comments are closed.