8月 2015 archive

|この本は、元ITベンチャー起業家であり

この本は、元ITベンチャー起業家であり、今は社会起業家の立場にある駒崎さんが、自ら率先して『働き方革命』を起こしていった「記録」である。

読んでみてまず驚くのが、その文体。例えばこんな感じ。

自分はこれまで「やれるところまでやる」という仕事の仕方だった。これは部活でたとえて言うと、「もう走れなくなるまで、走る」オラオラ体育会的練習の仕方である。しかし、今日やったのは「必要な練習メニューを書いて、それに則ってやる」というやり方であった。です。

DIKマンション新橋 [リノベMansion×仲介手数料無料] 六 棒 株式会社

必要なことはできている。何の問題もない。しかしこれまで「うわー疲れた。死にそう」という感覚が、すなわちゴールだったので、ゴールについていないような気がしてくるのだ。

(『働き方革命』、駒崎弘樹)

「これが、新書なのか?」というくらいの軽さ。言い止めも多く、ほぼ解体した文体。一定の世代以上になれば、手に取っただけで受け付けないかもしれない。

|タレントのタレント業で裏切られたら

タレントのタレント業で裏切られたら

ファンは怒ればよいと思うんだがねぇ……

例えばこの熱愛が亀梨のタレント業に悪影響が出たら

ファンは怒れば良いんじゃないか?

亀梨がキョンキョンと付き合ったことにより

演技の質が落ちるとかファンを大切にしなくなるとかしたらねぇ?

ホント不思議だね。

ファンというのはタレントの

タレント業の絶対的応援者であるべきだと思う。

アイタウン・レピアを購入予定です。

ファンに人間の生き方を否定する権利はない。

ファンに支配されたらタレントは「自分のしたいこと」が

絶対出来なくなるでしょ

息苦しくて死んじゃうよ。

だって、今回の亀梨のファンは

亀梨が誰と付き合おうとキレるんでしょ?

キョンキョンでなくても絶対怒るだろ(笑)

|整形やら漂白やら見た目の変化ばかりが取沙

整形やら漂白やら見た目の変化ばかりが取沙汰されがちでしたが・・・

彼はすべてにこだわる、本物のプロフェッショナルやったんやなぁとひたすら感心しました。

50歳とは思えないダンスのキレ&息切れしない歌声。

その裏にあるすさまじい努力を感じました。

マイケルが死んでおらず、本番のライブがもし開催されていたら・・・

ぜひ生で見たい!と思うけど、彼が死んでなかったらこの作品も公開されていなくて、従って私は生マイケルに興味をほとんど持っておらず、彼のパフォーマンスの偉大さに気づかないままなのであろう

と思うと、これでよかったのではないかと思う。がオススメです。中古リノベーションマンション(^○^)

けどファンの人は悲しいですよね。

これを映像にまとめて公開しようとした人はえらいなー。

いいもん見せてくれてありがとうございました。っていう、なんだか敬虔な気持ちになっております。

|いまさらですが、今日見てきました。

いまさらですが、今日見てきました。

やえは見るべしといわれたこの映画、正解でした。(^_^;)

ここで購入できます。

めっちゃちゃちゃくちゃ楽しい!っていうか余韻に浸っちゃう!

すっごい楽しくって、あーこんな生活送りたい!って思っちゃう。

ディズニーマジックだ・・。

演劇部の先生の「ミュ〜ジカ〜〜〜ル」っていうのが楽しかった!

っていか二人とも歌ウマすぎだし、感動しちゃうしl、何よりもトリプルブッキングの回避策がありえなくって面白かった!

ミュージカル見に行きたい!!

明日は2をみます♪

|野良猫のミトンズの常識人っぷり

野良猫のミトンズの常識人っぷり、アホなハムスター・ライノのキャラがそれぞれ最高です。

特にライノの熱血っぷりは、ボルトがテレビスターであることを分かっていたうえでのアホなので、随所で情熱的な良いことを言うんですがかなり笑えます。どこまで本気なんだろうと疑いながら見ていたのですが、全部本気かよ!みたいな。笑

この3匹のかけあいがすごく良いです。

序盤は勘違いライノ・ボルト組にミトンズが振り回される、後半はちゃんとボルトを普通の犬として教育する猫、という構図がかわいいです。中古マンションを購入する。http://www.rokubou.co.jp/area/shinjuku/villa-casa-yotsuyayonchome.html

キャラがそれぞれ本当に濃く、役割が明確でキャッチーで、しかも何より、鳩が忘れっぽいとか、色々な動物の「らしさ」をちゃんと性格に現しているのがすごいと思った。

動物の毛もちゃんとフワフワだし・・・やはりディズニーはプロだな・・・と再認識致しました・・・。

日本語吹き替え版の声優、ミトンズが江角マキコというのはすぐに分かったのですが、ボルトが佐々木蔵之介というのは意外。良い声でした。

きっとこの映画を見た後犬や猫を見るとまた一段とかわいく思えてくることでしょう。

1 2 3