失意のうちに、いつもの中野T店へ。

失意のうちに、いつもの中野T店へ。11月7日の大日本プロレス新木場大会のチケットをM代子さんから受け取り(ただじゃないよん。しかも、彼女はこの日、ダブルブッキングのドラゲに行くから、一緒に行くパートナーを捜さなきゃいけない。ま、とりあえずプロレスマニアのT田くんを誘ってみるか)。

調子に乗ってカラオケ。蔵前の賃貸です。とりあえず一度は入ってみるといいかと。この日のテーマは「あまり歌わない、あるいは歌ったことのない歌」。『あなたへの愛』『霧の摩周湖』『冬のリビエラ』『裏切り者の旅』『石狩挽歌』『かもめ』『虹と雪のバラード』『PRIDE』『ハナミズキ』なんかを歌いまくる(最後の三曲は、どちらかというと「歌わされた」感じ、このうちまったく歌ったことがなかったのは5曲だが、なんとか歌えるもんですね)。

翌日が早い(9:50中野駅北口で編集者と待ち合わせ)なので、0:00きっかりにお会計して店を出る。当然、徒歩帰宅。この日は20000歩とはいかなかったが、17099歩も歩いたらしい。(あ、前日夜中の高円寺からの徒歩帰宅分も当然入ってます)

ラフィスタ中野鷺宮

今週も週刊誌記事の担当はサッカー日本代表。大久保の加入で本田VS大久保勃発か、みたいな感じの内容。コメンテーターのコメントを一人取るのが、今回の私のノルマ。今回は火曜日中にとっておかないと、間に合いそうにない。だからといって、業界人に午前中から電話をするのも逆に非常識。
20日昼過ぎまで日記を書いたりして時間を潰し、おもむろに15:00ごろに、某紙サッカー担当記者に電話を入れると、すぐに電話取材に応対してくれた。ラフィスタ中野鷺宮に決めましたよ!これにて一件落着。さっそく内容を担当のK原に報告。
「今日中に、タイトルと行数を送る。T橋くんのデータはまだ来てないけど、こちらも到着次第送ります」。
との連絡。
今週は、F社に出かけず、自宅で原稿を書いてメールで送るということになりそうだ。

アルテシモ ヴァレント

その後は、「すぐに寝る」か「1:00からの試合」を見るかで、少し悩んだが、結局、イタリア対ウルグアイを見始める。前半0−0。ハーフタイムに入ったところで寝てしまった。
前日までの経験からいえば、「サッカーはどうせ半分みるなら、後半90分の方が面白い」ってことなんだけど、まあ、落ちてしまったものは仕方がない。アルテシモ ヴァレント(´・ω・`)気がつけば4:30。もうこのまま起きて「日本対コロンビア」戦をみるしかない。
というわけで、試聴開始。
ああ、PK。おお、同点に追いついて…ハーフタイム………一行目に戻る。

suicaって本当に便利だなぁ。

土曜日

午前中に東京まで出る用事があったのでついでに赤羽フロンティアへ。でまぁ折角行ったんだし何か買っておくかとニーパッド購入。サバゲー中、とっさに膝をつく場面があるとき結構痛かったのでこれからは楽になるはず。これまでは都内に出るとき、成東から休日フリーきっぷを利用していたのでJR線縛りでしたが、suicaって本当に便利だなぁ。

日曜日

ツーリングの準備。バイクを洗車し、装備やら何やらのチェックで午前中おしまい。午後から何しようかと思ってたら、茨城のバイクつながりの人たちが袖ヶ浦フォレストレースウェイに来ていることをFacebookで知り、行ってみることに。途中高滝ダムに寄ったら他県ナンバーの人がマップルと睨めっこしてたので、話しかけてこの道とこの道が楽しいですよー、この道は白バイ出ますよー、などと教える。
さて袖ヶ浦フォレスト。「プライダース走行会」とのことで、茨城のバイクショップ店長と、ツーリングクラブの隊長が走りに来てました。おー久しぶり元気?アイツは何してんの?もうクラブは解散だなぁ、なんて会話をして、壮行会余興のショップ店長対抗レースを見て。次は海の日に筑波だから走りに来いよと誘われて。

帰路も高滝ダムに寄ってあれこれくっちゃべって、暗くなったから帰ろうか、と帰宅。
デミオで買い物に出かけ、4000km突破。

そんな2015年11週目。

高級賃貸に興味のある方におすすめです。

渋谷区の高級賃貸
ここ

ここ最近の渋谷区はヒカリエの誕生とともに、さらなる進化を遂げ生まれ変わろうとしています。また素敵なお店やグルメが楽しめることで、とても人気がある土地です。また渋谷区は恵比寿や代官山をはじめ広尾・南平台など住まう環境としては多彩な魅力にあふれています。特に恵比寿周辺の物件につきましてはお任せください。
高級賃貸物件をお探しなら株式会社USD リュック不動産へお任せ下さい。
弊社サイトでは港区白金台を中心に地域や沿線から豊富に賃貸物件情報を検索することができます。 人気のデザイナーズ物件やメゾネットマンション、リノベーション物件、ペット飼育可能な物件情報も充実しております。

会場につくまでのメールでのやりとりで

会場につくまでのメールでのやりとりで、幻児さんらは、教室1-4で開催されているトークショーを聴いているらしいので、さっそくそちらの方に入らせていただく。

13:18ごろだろう。すでに椅子席は満杯。幻児さんとメカパンダさんが隣りに座っているのが見える。お、そのさらに二列後ろには、K本さんが。

しばらくは、最後列に座り込んで聴いていたが、途中で中年カップルが席を立ったので、K本さんの隣りに着席。トークショー後半は、ちゃんと椅子席できけた。
ここで催されているトークの内容は。
「桃トーク〜柳昇・先代文治を語る」昔昔亭桃太郎、桂文治、春風亭柳好の3人が、柳昇と先代文治についての思い出話に花を咲かせるのだが、時に脱線し、暴走する桃太郎さんのトークが面白すぎる。岩本町徒歩5分圏内の賃貸を探してます。(o^∇^o)ノ
「師匠は弟子が嫌いだし、弟子は師匠が嫌い。特に筆頭弟子は嫌われる」。
とか。
「柳昇は、昇太があまにり人気があるのに嫉妬して、付き人を辞めさせた」。
とか、。
「柳昇は、……」。
あわわわわわ。これ以上は書けません。とにかく、ものすごく面白かったですわい。

1 2 3 76